カードローンで計画的に正しく、楽しい日々を

カードローンは、サラリーマンや主婦の味方です。
手元に現金がなくても、計画的に返済することで、高額なものでも購入できます。
欲しいものを買うためには、長い期間コツコツと貯金する必要があります。

いろいろなことを我慢する必要もあるかもしれません。
どれくらいの期間がかかるかも、不明確です。

しかし、カードローンがあれば、この問題は解消されます。
コツコツと貯金を貯めるのと同じくらいの期間でローンを払うことを約束するだけで、今すぐに高額の商品が手に入るのです。
とても画期的な仕組みですね。

ただ、金利はありますが、家などの長期ローンに比べて、カードローンの金利はないようなものです。
ほしいものを長い期間我慢するよりも、早く手に入れて使いたいときには、カードローンをぜひおすすめします。
どうせ貯金してから買うなら、買ったあと払っても同じですね。
サラリーマンや主婦に強い味方のカードローンを、計画的に使って楽しく過ごしましょう。

カードローンは本当に便利で助かります
お金が急に必要になってしまった時、どうしたらいいのかとパニックになる事もありますが、カードローンさえあれば慌てる必要はもうありません。
私はカードローンを作ってからというものの、給料日前のピンチや、急な飲み会でお金がない時などにも全く慌てることがなくなりました。

なぜかというと、カードローンは一度契約すれば何度でも、好きな時にお金を借りることができるからです。
しかも、いちいちその都度審査とかする事はなく、その場ですぐにお金を引き出せるのでまるで自分の口座から引き出す感覚で本当に簡単なんです。
しかも、いちいちカードローン会社の店舗とかまで行く必要もなく、近くのコンビニのATMから簡単に借りれるのが最高です。

とはいえ、カードローンを最初作るときは審査があるので、それが不安かもしれませんが、実際は驚くほど短時間で審査が終わってしまいますし、カードローンの審査はそれほど厳しくない事が多いのでそう緊張する事はありません。

またカードローンは計画的に利用することが重要なポイントとなります。
いくら借りたか把握するだけでなく、いくら借りて毎月いくら返済すると生活に支障がでないのかを考える必要が有ります。
カードローンキャッシングは借りれて終わりではなく、正しい知識を身につける事も重要なのです。
>>> 初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

銀行のカードローンでお得に借りる事
消費者金融からお金を借りる場合、審査が比較的容易であるというメリットがあります。
しかし消費者金融が提示する利率は非常に高く、返済を難しくさせることがあります。
それでも利率はお金を借りている日数に対して適用されるために、すぐに全額返済できれば問題はありません。

しかし返済期間が長くなればそれだけ多くの利子を支払わなければならないために、利子の額が膨大なものになってしまうこともあります。
そのため消費者金融からお金を借りるのは、返済計画がきちんと出来ている人であるべきです。
それとは対照的に、銀行で行うカードローンは利率が低いことで知られています。
そのため返済期間が長くなりそうな人は、銀行のカードローンを利用することが出来ます。

しかし銀行のカードローンは審査が難しく、消費者金融のようには行かないことがあります。
それでも審査を受けるのは無料ですので、まずは銀行のカードローンの審査を受け、それをパスできなければ消費者金融でお金を借りるという手段を取ることが出来ます。

海外ではキャッシングの方が得なこともある

国内ではキャッシングに抵抗感のある人も、海外に行った時はキャッシングの利用を考えてみるのもいいかもしれません。
短期の旅行なら現金の両替やクレジットカードで充分対応できますが、長期の旅行や留学、仕事関係で海外に行く場合は、必要な現金を全て日本から持って行くというのはあまり現実的ではありません。

大きな買い物はクレジットカードで支払えても、日常の小さな買い物や交通費などではどうしても現金が必要になります。
もちろん海外ATMで日本の銀行口座から引き出すことのできる国際キャッシュカードもあります。
ただ、この国際キャッシュカードは取り扱っている日本の銀行は限られていて、近くに支店の無い地域に住んでいる人にはとても不便です。

また、国際キャッシュカードは海外ATMから現地通貨で引き出すので、引き出すたびに両替と引き出し手数料がかかってしまいます。
この手数料ですが、クレジットカードのキャッシングの利息と比べてみた時、実はあまり変わらない事も多いです。
返済を一括払いにしておけばほぼ国際キャッシュカードと同じように使えてしまうケースもあります。

長期で海外に行く人で、国際キャッシュカードを作る時間が無いとか近くに対応する銀行が無いという人は、クレジットカードのキャッシング機能について調べてみるのもいいのではないでしょうか。

ブラックリストの正体とはなにか

キャッシングについて情報を収集しているとよく目につくのがブラックリストという言葉です。
ブラックリストがあまりいい意味で使われている感じはしませんが、ブラックリストがいったい何なのかをしっかりと把握している人もあまり多くないように思います。

ブラックリストはいわゆるキャッシングやカードローンの審査に通りにくくなっている状態のことを分かりやすくブラックリストと言い換えていることです。
具体的には個人信用情報の管理を行っている信用情報機関の事故情報や異動情報の記載のことをブラックリストと称しているようです。

事故情報や異動情報の記載とは返済遅延や債務整理などの金融事故を起こした履歴で、事故情報や異動情報に記載されると一定期間はその記載が削除されることはありませんので、その記載機関はキャッシングやカードローンの審査に通りにくい状態が続くということになります。

ただし、ブラックリストは法的な規制ではありません。

初めてのキャッシングをお考えの方へ

キャッシングは本当に便利なものですが諸刃の剣です。誰しもが経験した事があるかもしれない金銭的に厳しい状況という場面が自分にもやってきました。
現金が必要に迫っている時に簡単に借りれる事が出来るのがキャッシングです。簡単に現金が手に入ってくる代わりに金利が高い返済生活が待ち受けています。

今を凌げばなんとかなる。今が楽しければいいという考えでキャッシングを利用するのは危険です。
私も自身もキャッシングを利用した事があるのでわかります。
きっかけは、地元の友人の結婚式でした。私は地元が九州で現在の住まいが東京なのでご祝儀と飛行機代でかなりの出費になりました。

その時期は私自身も海外旅行に行ったばっかりだったので、現金がありませんでした。
利用したのは30日間利息が無料になる消費者金融の会社でした。
10万円ほどキャッシングを利用しました。

金利が18%で利用したので返済が大変です。その時は助かりましたが今は返済が大変です。中々減らないんですよね。
地道に返済していきます。もう一度お伝えします。キャッシングは便利な反面危険を伴います。ご利用は計画を立ててからのほうがいいと思います。

カードローン6%は安いのではないでしょうか

カードローンで期間中キャンペーンとの通知が来ました。
これは通常であれば利息18%のところを6%にするという事らしいのです。

6%は安いと思い確認の電話をしました。
何でも残高スライドの短期の貸し付けのやり方らしく、その代り短期コースなのに少し返済期間が長く感じました。
例えば20万円借りると月々1万円ATMで返済する事になるんです。

これは2万円返す事も可能で返済期間を短くする事が出来ます。
それで短期コースとなっているのかなと思いました。
しかし基本は1回から17回目まで1万円、18回目から25回目まで5千円、26回目が最終で2,356円の口座引き落とし返済との事です。それほど苦にならない返済額です。

尤も毎月1万円返済の所を2万円にして返せば借り入れの残高がスライドしますので早く返す事になります。
色々なやり方がありますので毎月幾ら返すか、1万円なのか2万円にするのかはその時の状況によりますね。
早く返すにこしたことはないのですが無理は禁物と出来る範囲で返済しようと思っています。結局20万円借りました。

必要な書類はそれだけで良いの?と驚きました。

キャッシングを申し込む際に、私は無人の自動契約機を利用したのですが・・・必要書類の少なさに驚きでした。
少ないというか、車の運転免許証だけでした。たったそれだけって驚きませんか?

イメージではたくさんの書類が必要だと思ったのですが、無人の自動契約機に行く前に調べたら車の運転免許証だけだったんです。
利用者としては簡単なんでかなり助かりますが、そんなんで大丈夫なんだろうかと人事ながらに心配になりました。

さらに調べたところ、どうやらインターネットでの申し込みなら家から一歩も出ずに申し込み出来たりとさらに簡単だったようです。
なんだか驚くことだらけでした。
これが昔からなのか最近そうなったのかは分かりませんが、こんなに簡単なんであれば今後お金が必要だという知人がいたら教えてあげようと思います。
大金の場合はどうだか分からないので、私と同じ小額を借りる人限定ですが・・・
きっと私のように驚くこと間違い無しです。その時がちょっと楽しみだったりします。